2015年7月12日日曜日

夏休み特別企画 放送体験教室@みなとみらい

【テレビ中継車体験の事前〆切は、7/13(月)まで!】
放送初期から近年のNHK、民間放送のテレビ・ラジオ番組、名作CMなど約30,000本をコレクション•公開している横浜市中区にある放送ライブラリー。放送の歴史や仕事を学べるスポットとしても人気ですが、毎年恒例の夏休み特別企画、テレビ•ラジオのお仕事を体験できる「夏休み特別企画2015 放送体験教室」が開催されます(最寄駅:みなとみらい線/日本大通り駅直結)。

KTSで大切にしたいと思っている「伝える」ということ。昨日ご紹介したアフリカヘリテイジコミティ Africa Heritage Committeeさんの「知らない」→「無関心」の連鎖を「知っている」→「楽しい」に変えるためには「伝え手」の存在は重要です。
伝える「手段」も多様化しつつありますが、より多くの人に伝える「技術」を長年培ってきたテレビ•ラジオの影響力はやはりトップクラス。第一線で「伝える」仕事に携わるプロに直接学び、その仕事の一端を体験できる貴重なイベントです。

開催する教室は以下の3つ。すべて往復ハガキでの事前申込となっており、応募者多数の場合は抽選です。いずれも参加費は無料です。

1.【日テレ体験教室 中継車がやってくる!】
番組作りの第一線で働く日本テレビ放送網株式会社の技術スタッフが、カメラワークや音声の実演、テレビ中継のしくみなど、家庭に番組が届くまでを、技術の面から楽しく教えます。お話の後は、カメラや編集機などの放送用機材に触って体験できます。なんと中継車にも乗れちゃうよ!
ふだんは見ることのできない番組作りの裏側。子供だけではなく、オトナもワクワク間違いなし。私たちが目にする仕事を影ながら「支える」仕事の大切さ、仕事におけるチームワークの重要性も学べる教室です。
 7月25日(土)開催。午前の部(10〜12時)と、午後の部( 14~16時)の1日2回開催。定員は各回80名。小学4〜6年生とその保護者が対象。応募申込〆切は7月13日(月)必着なので興味ある方はいますぐ往復ハガキでご応募を!

2.【アナウンサー体験教室】
フジテレビ、NHKの現役アナウンサーが放送ライブラリーに登場!「アナウンサー」という仕事の裏側、ニュースを分かりやすく伝える方法など、アナウンサーの秘密を教えてくれます。
発声練習のあとは、放送ライブラリーの「ニューススタジオ」でアナウンサー役に挑戦!クラスで一番の音読上手の称号はキミのものになること間違いなし!
8月7日(金)、8月12日(水)の午前の部(10時〜)と午後の部(14時〜)の1日2回開催。定員は各回15名。小学4〜6年生対象で子供のみでの参加となります。応募〆切は7月28日(火)必着です。

3.【ラジオ・DJ体験教室】@FMヨコハマ
こちらは放送ライブラリーを飛び出して、ランドマークタワー内にあるFm yokohamaさんでのリアル体験!教室となります。ラジオ制作体験、DJ体験ともに申込〆切は7月23日(木)必着です。
ひとつめのラジオ制作体験は、8月4日(火)14時〜16時半での開催。定員は20名。小学4〜6年生対象。音と言葉と音楽だけで表現できる、不思議で楽しいラジオの魅力や番組制作の裏側をFMヨコハマのスタッフが大公開!
マイクを前にトークをしたり、身近な材料を使った効果音作りにも挑戦します。
もうひとつは、なんとDJ体験!こちらは中学生が対象。8月4日(火)10〜12時半の開催で、定員は18名です。「バッコーン(覇魂)!」でおなじみのFMヨコハマの人気番組「Tresen+(トレセンプラス)」のパーソナリティ・光邦(みつくに)さんとスタッフが登場!リアル光邦さんに会えるなんて羨ましすぎる!!(あ、つい私情が…笑)
一緒にミニ番組を作って、DJに挑戦!プロの技を盗んでワンランク上の校内放送を目指しましょう。

KTS誕生のきっかけをつくってくださった「こすぎの大学」さんも先日FMヨコハマに出演されていました。地元神奈川の旬な情報を届けており、川崎市も広報番組「KAWASAKI Spaekling」(毎週日曜17時45分〜放送)を通じて、キラキラ輝く川崎の魅力を発信しています。ぜひこちらも聴いてみてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿