2015年5月15日金曜日

2015/5/16 横須賀で日本の歴史や科学技術に向き合うウォーキングはいかが?「第1回よこすか京急ウォーク〜JAMSTEC探検ウォーク」

全コース約12.5km、所要時間約4時間。明治憲法ゆかりの地、旧伊藤博文金沢別邸、JAMSTEC横須賀本部をめぐる「第1回よこすか京急ウォーク〜JAMSTEC探検ウォークが5/16(土)に開催されます。(最寄駅:京急線追浜駅)

地球の表面積の約7割を占める海洋。JAMSTEC(海洋研究開発機構)は、「地球温暖化」「資源•エネルギー」など、私たちの生活に大きな影響を与える海洋の複雑なシステムの解明や様々な観測・予測研究、技術開発等を行い、日本周辺海域に眠る海底資源に関する研究開発等を通して、海洋立国日本を科学技術で支えています。

第1回ペタリングマップ情報として紹介した新江ノ島水族館には、【深海l~JAMSTECとの共同研究~】という日本初の深海生物の長期飼育に挑戦している展示コーナーがあり、世界の海の95%をしめる深海の不思議な世界を紹介しています。

そんなディープな研究をしているJAMSTECの横須賀本部の一般公開の見学に加え、伊藤博文が大日本帝国憲法起草のために過ごした夏島をめぐる知的ウォーキングタイム。

伊藤博文が別邸として夏島を選んだ理由は、東京からも近く、重大な機密を他に漏らさないように配慮して、当時孤島であった夏島を選んだそうです。夏島にあった伊藤の別荘は、後に小田原に移築され、関東大震災で焼失しているため現存しませんが、日本における重大な歴史を記すべく記念碑が建てられ、当時の様子を現代に伝えています。

健康のためのウォーキングに普段なかなかゆっくり向き合えない日本の歴史や科学技術に向き合う時間を織り交ぜてみるのはいかがでしょうか。

参加費は無料。ゴールされた方には缶バッチの記念品を贈呈。コースや詳細などはリンク先よりご確認ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿