2015年6月8日月曜日

2015/6/7 第2回親子旅育推進部 byKTS 「夏休みどこ行く?!〜夏休み妄想旅行大発表会」開催レポート


 今回は東洋大学国際地域学部国際観光学科のお二人をゲストとしてお招きしました。

<日時場所>
2015/6/7 グランツリー武蔵小杉 Party for you

<流れ>
・行きたい所ペタリングマップ
・ゲスト二人による「おすすめ親子旅紹介」
・感想/質疑応答
・妄想旅行妄想時間
・妄想旅行大発表会!

<参加者>
大人8名・子ども5名(3歳~小1)

<差し入れ>
株式会社エコファームみかた 様ご提供:梅ジュレ・BENICIDER(梅炭酸水)

まずは恒例ペタリングマップ大会。5分間で行きたい所を付箋に書いて地図に貼り付けた後、自分が貼り付けた中で一番行きたい所の場所と理由を一言皆に伝えます。
予想以上に子供達が夢中になり、付箋のおかわりと時間延長の要求が沢山!近場から遠くまで、地図が隠れてしまうほどの付箋の山を作ったところで、妄想旅行へのウォームアップは完了。


 次はゲストのお二人による「妄想旅行モデルプラン」発表会。

去年「若狭梅酒deナイト」コラボ開催でご縁が出来ました「若狭」での過ごし方のプレゼンでした。

親と子が半日別れ、それぞれが若狭独自の体験をして過ごすプラン。

■子供は熊川宿内で「若狭の名産おつかい体験」→その材料を使って「三方青年の家」で料理体験→親御さんへ料理のサプライズ

■大人はお酒を楽しめるようにワゴンを貸しきって、若狭梅酒や地ビール・日本酒の試飲@道の駅熊川宿 → 熊川宿の文化財めぐり → 空き家見学 → 三方五湖 →「三方青年の家」で子供と合流。

プランが目指すところは以下のとおり。

<親>1.子供としばし離れて大人だけの癒しの時間を2.子どもの成長を発見する
<子>1.不安の中での達成感を得る2.「自分だけでもできる」自信に!3.おつかいや料理を通して、だんどりができるようになる。

このプランが実現する訳は・・・若狭の人の温かさがあるから。大人から子どもまで、知らない旅行者にも声をかけてくれる。その人間性に惹かれて若狭の民宿へリピートされるお客様も多いそう。→安心しておつかいが出来る。子供を託せる。

ゲストのお二人は学生さんですが、実際子を持つ親に「どういう旅行が理想か」「子どもとずっと一緒/離れるのどちらがいいか」等リサーチした上で、作成してくれたそう。「子どもと離れる」という言葉を聞いた瞬間に、親たちが目を輝かせてうなずかれる場面も。その土地ならではのモノ×人が組み合わさった時に、新しい旅の形が生まれる予感もしました。


その後の参加者による「妄想旅行大会」も大盛り上がり。他の人の妄想はどれも魅力的で、全部体験してみたくなってしまう。

・九州 肝臓と胃袋を鍛える旅 ←ネーミングだけで、行きたい!
・大岡山の先 ←3歳の女の子♪
・ハワイの海で泳ぐ
・タイでタイ料理
・マッサージ・プール・寝るを1つのホテル内だけで←疲れてる
・南武線すごろく ←アイディアに驚きました
・九州とカルフォルニア対決 ←実現できそう
・ご当地ラーメンツアー ←北から南へ
・カメラde若狭を楽しもう ←子供はどんな旅の場面を切り取るのだろう。
・ハワイで一番偉い人に会う ←誰?ということでもちきり
・マダガスカル ←自然にとけこむ珍しいものを発見
・沖縄の文化と島に触れる旅 ←石垣拠点に竹富・波照間・西表
・沖縄の海で泳ぐ・海ぶどうを食べたい ←子供×海ぶどう!

妄想旅行も子供達のウケがよく、やんちゃ盛りの年齢でありながら、集中して一枚の作品を作り上げる姿にびっくり。恥ずかしがりながらも大人の前で、自分の言葉で自分の考えた作品についてプレゼンする経験は、世代間交流も目指すKTSで大事にしている所。OTSでまずは身近な大人の前で発表する機会を増やして、1年に1度のKTS/OTS合同大プレゼン大会へと繋げられたら嬉しいです。
 

次回は9月にこすぎトラベラーズサロンと合同開催します「夏の旅&お出かけ プレゼン大会 2015」!去年も開催された年代超え大プレゼン大会です。写真を見ながら説明していくので、昨年は5歳の子供から60代の参加者まで一緒に楽しみました。

夏休みの楽しい思い出を発表してみませんか?お楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿