2016年1月7日木曜日

2016/1/10 丸子山王日枝神社「丸子どんど焼き」@丸子橋

武蔵小杉ライフさんからの情報シェアです。
2016年1月10日(日)16時より丸子橋近くの多摩川河川敷において、丸子山王日枝神社による「丸子どんど焼き」が開催されます(最寄駅:東急東横線•目黒線/新丸子駅)。

「どんと焼き」は昨日ご紹介した「まゆ玉飾り」同様、小正月(1月15日)の恒例行事。

丸子山王日枝神社のどんと焼きはとってもダイナミック!この時期に丸子橋付近を通った方は、「なんだ!あの炎は!」「もしかして火事?!」と思ったことが一度はあるはず。
そのお焚き上げの炎で「福餅」を焼いて、無病息災を祈りつついただくわけですが、先述の通り、丸子山王日枝神社のどんと焼きはかなりの迫力のため、ぜひシェアしたリンクを一読したうえでの参加をオススメします!

以下、ポイントです。
1→武蔵小杉ライフさん推奨の持参した方がよいもの
・焼いてもらう正月飾り、書初め
・アルミホイル
・海苔
・こぼれない容器に入れたしょうゆ
・マスク
・カイロ(必要であれば)
・においがついてもかまわない服
2→福餅焼きの道具(一組200円)を会場でGETしたら、餅を持参したアルミホイルでつつむ
3→風を読み風上にポジショニング。熱風対策として、マスクの着用としゃがんでの餅焼きがオススメ!
焼きあがったお餅を持参したしょうゆと海苔で味付け!周辺に出店している出店のメニューも楽しめますよ。

東横線沿線では「丸子どんど焼き」が唯一存続する武蔵小杉エリア。地域のつながりや万が一の時、河川敷でどんなことができるか、などを親子で感じられる貴重な機会でもあります。
武蔵小杉ライフで予習してワクワクしてきたら、ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

author:ミー

0 件のコメント:

コメントを投稿